スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KV1000にて

今日は夕方から客先にてソフトの改造をしてきました。

うちで作った装置なのですが不具合が出ていました。


それはステッピングモータの位置ズレです。

一定の動作をしてから待機位置に戻るのですが、

異物の付着による負荷によって位置が少しずつずれていくようです。

そこで動作完了後に毎回必ず原点復帰をするようにしてきました。


位置決めユニットはKV-H20Gを使用しています。

KV SYUDIOでは原点復帰のマクロが用意されているので

既存の動作完了後に原点復帰をするように挿入しました。


RUN中書き込みをしてテストをすると原点復帰動作をしません。

なぜ?


ラダーをモニターしてみると原点復帰のマクロの部分が点灯しています。

マクロの前の接点はOFFしているのでマクロがONするはずは無いのに・・・

ラダーの組み方がまずかった?


マクロの動作する条件の接点のONは一瞬だから問題ないはずと思うのですが、

念のために動作条件を1スキャンONにしてみました。


でもまだマクロがONしたままでした。


そこで一旦プログラムモードに切り替えてリセットしてみました。

すると今度は問題なく動作します。


RUN中書き込みが悪いのか、マクロの起動方法が悪かったか不明ですが解決です。


そういえばマクロは1スキャンONで使うようにどこかに書いてあったような気がしてきました。

しばらく触らないと忘れちゃいますね。


装置自体の動作確認の際にも手動で動かす軸を間違えてオーバーランさせてしまいました。(;´∀`)


何やってるんだか・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

FA屋さくら♪

Author:FA屋さくら♪
FA業界に足を突っ込んで10年くらいのうっかり者です。
皆さん気軽に寄ってくださいね。
紛らわしい名前ですが♂です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで来てくれた物好きな方
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策









ジオターゲティング











リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


リンクさせて頂いてます
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。