バーコードのその後2

デモ機がOKだったので実際に購入してみたらバーコードが読めない!?

そこには落とし穴が・・・



バーコードリーダーはRS232Cで接続するタイプです。

相手はKV-N24ATの内臓シリアルポートです。


無手順で通信するので配線は以下になります。

RD-SD
SD-RD
SG-SG

さらにバーコードリーダーのRS-CSを短絡していました。


そこに落とし穴が!


接続してみるもデータが送られないだけでなくバーコードリーダーの方も

次のバーコードが読めずに止まってしまいました。


何度も設定や配線を確認しますがマニュアル通りでした。

そもそもデモ機でOKだったから間違いないはずなのに・・・


途方に暮れてメーカーに確認してみると思わぬ原因が判明しました。


問題はRS-CSを短絡していることでした。

このバーコードリーダーは電源をONしたときに内部的にチェックをしているのだそうですが、

その時に短絡した状態だと本体の設定に不具合がでるそうです。


そこで短絡配線を切るとOKでした!


デモ機ではD-subコネクタではなく配線側にあるDCジャックから電源を供給していました。

なので電源を入れたまま通信コネクタを繋いだりしていたみたいです。

結果的に電源ONの後に短絡する状態になっていたようです。


本番ではD-subコネクタから電源も供給したので発覚した問題でした。


送信要求-送信許可のところは習慣的に短絡してしまったのですが、

そもそもお互い無手順の設定だったので配線自体が不要だったのですね。


一件落着ですが結構時間を無駄にしてしまった・・・

でも、またひとつ勉強になりました!

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

FA屋さくら♪

Author:FA屋さくら♪
FA業界に足を突っ込んで10年くらいのうっかり者です。
皆さん気軽に寄ってくださいね。
紛らわしい名前ですが♂です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで来てくれた物好きな方
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策









ジオターゲティング











リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


リンクさせて頂いてます
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード